宝塚メイクレポートです・・・;

随分前ですが、宝塚大劇場にて友人Yとヅカメイクをしに行ってきました。
この日記のどこかにヅカメイクをしてみたいとか書いたと思うのですが、なんとか願いが叶いましたよヤッタネ!!・・・・・ということで、折角なのでどんなかんじだったのか描いてみようかと思います。

とりあえずここまでの流れ。


パソコンでメイクサービスの予約をとる。
http://kageki.hankyu.co.jp/salon/make.html
(予約制なので必ず予約します。人気コーナーらしいのでなかなかとれないこともあるとか。でも結構簡単に近い日で取れました。)

メールで予約OKの返事が来る。何月何日何時に来てくださいとか、何がいるだとか、そういう説明付きのメールが来ます。

当日、10分前にメイクしてくれる宝塚大劇場の中にあるステージスタジオに入ります。

まず受付。ここで男役か娘役かを選択します(メイクがそれぞれ異なるみたいです)。そのあと、衣装をどれにするか決めます。
・・・これが結構種類があって悩みました。
一種類しか選べませんが、プラス三千円で、もう一種類着ることができます。
PANDAは男役を選択、衣装はベルサイユのばらのオスカル衣装(笑)とTCA男役衣装(黒いちょっと華やかな服)を選択しました。
YはTCA男役衣装を選択していました。

着替えの部屋に連れていかれて、ここで上の服を下着以外脱いで、白い服を1枚着ます。
たしかここで一回メイク落としをしたような・・・・(忘れてる)

メイクスタッフさんの待つでかい鏡の前へ行く。椅子に座ってメイク開始!


レポートでもなんでもねえ(汗)

ところで衣装でオスカルを選択した場合、男役メイクでもちょっとメイクが違うみたいです。オスカルは中身女性なので男役メイクでもちょっと女っぽくするそうです。
私はTCA男役衣装も着るので、オスカルメイクかそれとも男らしくするかどっちがいいか聞かれましたが、男らしい方(笑)を選択しました

 


終わってみると(完成後は)まともになっているのですが、メイク過程がやばかった。
鼻のところの茶色いのは鼻筋が通っているように見せるためにやるのですが、つけた後は色がはっきりしていて、どこの人?というぐらいおかしな顔になってしまって笑いをこらえるので必死でした。

顔色ですが、娘役だとさらにピンク色みたいです。

 


撮影では何回か写真を撮ってもらいます。(しかし自分で写真を選べない)
オスカルはヅラつきでサーベルを持って撮影、TCA男役衣装の方は、ヅラなし(スタッフさんが上手く髪を整えてくれる)で撮ります。TCA男役では花束かステッキか持つアイテムを選択、私は花束にしました。

撮影後のことはまた後日。

 


これで最後です。

撮影の後

衣装を脱ぐ
(デジカメでこの姿をいろいろ変なポーズで撮ってみたかったのですが、著作権があるようで衣装を着たまま撮るのはだめだそうです。)

衣装を脱いだ後、何枚かデジカメで写真を撮る(これはOKみたいです)

メイクをおとす。
・・・・かなり濃くしてあるので、大変でした。スタッフさんにメイク落としシートを頂くのですが、何枚も使いました。

着替えた後、洗面所で洗顔。
洗面所は一箇所しかないため、順番で使います。

最後に化粧をする。(アンケートを渡されるのでアンケートを書く)

カウンターで支払いを済ませる。
この時もう写真が出来上がっていて、受け取れます。

・・・・・流れとしてはこんなかんじです。
二時間くらいかかったと思います。

いやでもかなりおもしろい体験をしました。
ヅカメイクって大変なんだな!ということを知りましたよ。
これ、毎日やってて肌荒れないのかな・・・・・!?

絵だけで申し訳ない。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO